医師免許の勉強は

医師免許の勉強をする

医師免許取得のために勉強を

医師免許を取得するためには、大学の医学部に入学し、卒業後に国家試験を受け、合格しなければなりません。そのためにはかなりの勉強をすることが必要です。国家試験を受けるための条件が、医学部に入学し卒業していることなのです。これは非常に高いハードルのため、高校時代から予備校に通うなどして、医学部受験に備えることも珍しくありません。晴れて医学部に合格してからも大変です。医学部では決められたすべての科目を履修して、そのうえで定められた試験に合格しなければ進級できないからです。もちろん実習もあります。このようなハードルをひとつひとつ乗り越えた先に待ち受けているのが卒業試験です。この試験に合格してようやく国家試験を受けることが可能となります。このような困難な道のりを歩んだ人だけが医師免許を取得できるのです。

医学部で学ぶ科目は多い

「医師」とは、医学部6年の課程を終え、医師国家試験に合格し免許を取得した者を言います。医学部のある大学に入学するため競争倍率は高く、合格率は低いのに対して、国家試験に合格するのは、受験者の約90パーセント以上と高くなっているのが現状です。医学部では、数学や社会学、化学、外国語などの一般教養科目に加え、解剖学、生理学、法医学などの医療の専門知識を学ぶ科目がたくさんありますので、参考書の購入をおすすめします。5年目、6年目は、病院などの現場で臨床実習として医学の実技を体感し学ぶこととなります。診療科には、内科、外科、循環器科や精神科など多くの科が存在していますが、多くの人は臨床実習の際に、自分の進みたい科を選択します。

↑PAGE TOP