医師に向いている性格

良い医師の基準とはなにか

医師に向いている人とは

医師に向いているのはどういう人でしょうか。医学は常に進歩しています。常に学ぶ意欲があり、向上心がある人がいいでしょう。しかし知識があるだけでは務まりません。病院に来るのは、病気やけがで辛い思いを抱えている患者さんです。明るく前向きで、コミュニケーション能力が高い医師が望まれます。また真摯に患者さんを助けたいという気持ちを持っていることも大切です。夜勤や急な手術もあるハードな仕事ですから、体力があることも大事でしょう。

医師に向いている人はどういう人

医師に向いている人は、おおまかに2つです。1つは、勉強熱心である事。手術などの手腕に関する事の勉強はもちろんですが、薬や治療法の改善や変更などで勉強し直す事も珍しくありません。そのため、勉強するのが苦でない事が重要です。2つ目は、体力です。医師は、夜勤をこなす場合があるからです。いくら知識があっても、体力がないと続かないでしょう。つまり、文武両道である事が重要になります。どちらかしかこなしていない人は、習慣化させましょう。

↑PAGE TOP