医師の子育てとは

医師が仕事しながら子育て

医師にとって大変な子育ての両立

女性医師にとって、大変なのが子育てとの両立です。もちろん産前産後休暇やを取ったとしても、勤務医として働きながら子供を育てるのは大変です。送り迎えの時間や子供が熱を出してしまったときの対応など、医師として働いている限り、すぐにお迎えにいくことが難しいこともあります。最近では院内保育所などを設置して、勤務している医療関係者に優しい医療機関も徐々に増えてきています。院内保育所であれば、自分の勤務先と同じなので、より安心して働けることでしょう。

医師の子育ての両立について

多くの人が仕事をしている昨今では、医師であっても子育てをしながら職務に従事していることも多いです。家庭と仕事を両立するためには、勤務時間や内容の調整が必要になる場合もありますが、保育所やベビーシッターなどを利用することで、より円滑に進められることも期待できます。医師は子供の状況を見ながら、自分の親などを含む周囲の人に助けを求めることも大切です。医療の現場は技術の発展などに際して、常に進歩していますので周囲との連携も重要です。

↑PAGE TOP