医師の残業について

医師が残業をする理由

大きな病院の医師が内科の残業を

大きな病院の医師が内科の残業をすると、同僚に感謝される、給料がその分増えるなどの長所があります。同僚の代わりとして残業をすることになった際は、後日に同僚が感謝してくれます。お礼として、昼食くらいならおごってくれるかもしれないです。医師が働いた分だけ時給が増えます。短所は早く帰ると家族に話していた時は怒られることです。ただ、病院に残って仕事をする話をすれば、家族は納得してくれると思われます。なので遅くなる前に家へ連絡を入れましょう。

医師の人のためになる残業

医師は人相手の職業なのでどうしても時間の割り振りが難しいですがその分時間を割いただけ人のためにもなる仕事です。そしてその仕事が評価されれば定期的に患者さんはきてくれます。しかも余分に働いた残業代も高単価で支払われます。医師は経験を積めば独立や後輩の育成など事業の拡大や信頼関係をよりよく築けます。知識的なことや経験など形にできない価値は蓄積され資金が増えることで設備投資や自己実現のための自由な資金がたまります。

↑PAGE TOP