医師の独立に関して

医師の独立の目標に向けて

医師として独立する時

いつか自分自身の病院を持ちたい、実家が病院を経営していてゆくゆくは自分が実家の病院を背負っていかなければならない等、それぞれの医師によって立場や状況は違うことかと思います。しかし、大学病院や総合病院で研修医として働いたり、勤務医として経験を積むことで、自信を身に着け、自分で独立して開業していける、実家の病院を背負っていけると成長していくものです。かかる時間は医師によってそれぞれではありますが、目標に向けて経験を積んでいくことが重要です。

医師の独立は開業サポートが必要

医師免許取得してから独立開業したい場合ですが、最低10年以上の実務経験が必要になります。というのも、開業にあたり、CT検査やMRIなどの設備導入や人件費など費用は莫大になります。そのためある程度資金を調達したり、医師として経験を積むことが大事です。しかし、医療現場を仕切る技術は本物であっても経営者として人を使う指導者としても勉強が必要です。開業をするために医療サポートのコンサルタントがあるので、活用してみるのも良いでしょう。

↑PAGE TOP