医師の男女の比率は

医師の男女比について

女性も増えつつある医師の男女比

まだまだ男性社会ではありますが、女性の医師も少しずつ増えつつあります。まだ男女比では女性は2割ほどですが、産婦人科や、女性特有の乳房の疾患などで病院へかかる女性の患者さんの中には、どうしても男性医師だと抵抗があるという方も少なくありません。病気は患者さんとその患者さんろ担当する担当医の信頼関係がとても大切です。その点でも、まだ2割しかいない状態ではありますが、女性の担当医のニーズはとても多いと言えます。

医師の男女比について

現在の日本の医師の男女比は、ほぼ男8:女2となっています。日本で、医学部に入学する女性の割合は3割、学校によっては4割のところもあるそうです。また、国家試験に合格する女性の割合も3割強です。世代別にみると、20代は女性の割合が3割強となっています。では、今後は、どうなるのでしょうか。これからは、日本でも、女性が、もちろん、医師という職業においても、今までの男性と同様に社会における働き手の一人となっていくのではないでしょうか。

↑PAGE TOP