医師の訪問医療とは

医師の訪問医療について

訪問診療に携わる医師の取り組み

訪問診療には、定期的な医療サービスを行うものと定義されています。1週間に数回の割合で医師が訪問するといった活動のため、計画的にスケジュールが組み込まれるものとなります。このサービスを受けるにあたっては、患者の病歴や病状などを逐一医師へ連絡しておく必要があります。連絡の内容に応じて、診療や薬の処方などを患者に適した方法で行われていきます。これは、在宅医療の一環として実施されており、病院への入院が制約された方に向けての医療サービスとなります。

医師の訪問診療とはなにか

医師が行う訪問診療というものをご存知でしょうか。往診とごっちゃにして考える人が多いですが、意味が異なります。往診とは、患者さんの要請に応じて、その都度お宅を訪問して診療することです。しかし訪問は定期的に自宅で診療することを指しています。こちらのほうが、様々な相談を定期的にすることが出来るので、患者さんにとっても家族の方にとっても負担の少ない診療だといえるでしょう。介護などで綿密な治療プランが必要な場合がこのような方法を行うのも一つの手です。医師と相談してみましょう。

↑PAGE TOP