医師免許の停止は

医師免許が停止になることも

医師免許が停止になってしまう

医師免許が停止になってしまう、このようなことがあるのでしょうか。これに関しては、あまり知られていないことですが、実は医師になる際には「精神的に異常でないか」といった健康診断などがなされる、とされています。これは法などに記載されている、とされており、実際的に精神病などを持った方が、医学部に通っていることがありますが、当然、医学部を卒業した後にも、免許を取得する際に支障などが出ます。この場合、「人を殺したい」というお医者さんにあるべき考えなどが出てしまい、本来のお医者さんの志とは真逆になってしまう傾向などがあるからです。また、同時に「てんかん」などをお持ちの方の場合にも、停止になることがある、とされています。

免許を得るまでに購入するもの

医師免許を取得するためには、まずは学校教育法に基づく大学において医学の正規のカリキュラムを経て卒業する必要があり、そのためには医学部医学科を最低6年間をかけて学ぶ必要があります。卒業後にはじめて国家試験への受験資格を得られるわけで、この試験に合格する必要がありますが、さらに研修医として実際のスキルを学ぶ必要があります。一方で医師免許を得るまでに購入しなければならない道具も多くあります。学費はもちろんですが、授業で使う白衣や聴診器といった道具は個人が購入しなければなりません。また試験対策として過去の問題集や大学での補完授業として予備校での講義を受けることもあります。

↑PAGE TOP