医師免許の国家試験

医師免許の試験について

医師免許試験の合格率

医師免許の取得には世紀試験を合格しなくては正式な職に就くことが出来ません。合格率は出題の9割程度の合格となるので司法関係の資格よりも難しいのが現状です。医学部がある大学では医師免許取得の人数が学部の受験者に比例する場合があるため、カリキュラムに予備校形式の授業や多くのテストを実施して対策を採っている場合もあります。受験には大学の卒業が必須になっていますが、試験を行った年度内に卒業見込みの大学生も受験することは可能になっています。会場は全国12の都道府県のみ設置されており受験者が殺到する東京都の受験会場は2ヶ所に設けられています。

医学部の問題集の購入

医師になるためには、まず、幼少期から勉強が必要になってきます。ただ、幼少期からと言っても、例えば小学生の時に、掛け算などや引き算、小学校で習うテストでおおよそ90点前後をとっていれば、まったく問題なく、そのまま中学にあがり、学年で10位以内ほどにいれば、おおよそ医師になることは可能です。そのため、特別な知識などがなくても、また特別な英才教育などをしなくても、東大の医学部などに入り、免許などを取得することが出来る人はいます。問題は、医学雑誌などを読み、そのようなお医者さんになるための医学部の受験のための勉強をしっかりとしてきたか、これが重要になっています。

↑PAGE TOP